2008/11/19 水曜日

RPG~ロールプレイング現実~

Filed under: どうぐ — g-band @ 19:26:14

(この記事はblog編集担当kskが代理アップしています)

団長です。
11月某日。秋も終わり、肌寒くなってくるこの季節・・・

  恋を・・・しました。
→ 風邪を・・・ひきました。

それを知った団員A(※1)が勧めてくれた回復法は以下の通り。

コマンド?コマンド?コマンド?コマンド?コマンド?コマンド?

初級:ねぎみそ
 貧乏神の好物と名前が似てるのねん!ボンビー!
 長ネギを半~一本使って、一人前の味噌汁を作るだけ。

中級:ゆずハチミツ
 甘いもの好きの人にオススメ。
 柚子の皮、絞り汁、ハチミツをお湯で割る。レモンでも可。
 風邪の際はビタミンCが消費されやすいので、補給で体が楽になるはず。

上級:刻み玉ねぎ
 たまねぎみじん切りの絞り汁を脱脂綿に含ませて鼻に詰めます。
 効くも八卦、効かぬも八卦。ネタとして試すのもよろしいかと(笑)

番外:どくけしそう
道具屋で10Gくらいで売ってるはず。風邪って毒なのか?わからんけど。

コマンド?コマンド?コマンド?コマンド?コマンド?コマンド?

ネギも、味噌も、ゆずもハチミツもスーパーで買えた。
でもどくけしそうは売っていなかった。
道具屋っていう店も見当たらないし・・・この街にはないのかな?

「・・・でもきっと今の世の中のどくけしそうは、きっと名前がちょっと違うんだ」

あきらめず、昔文献(※2)で見た記憶を頼りにスーパーで探しました。

「葉っぱがあって・・・何か上に薬味が乗っていたような・・・あれ?それはどくけしそうじゃなくてやくそうだったっけか?まあそれでもいいや」

するとそれの要素らしきもの達を発見!記憶の映像と一致!
現世では材料からそろえないといけないんですねー。
それらを購入し、家で調合してみた。はい。


レッシーピ↓レッシーピ↓レッシーピ↓レッシーピ↓レッシーピ↓

○材料
葉(※3)・・・1枚
薬味(※4)・・・適量

○作り方
1.葉を洗って水気をよく切り、皿に盛る
2.薬味を器に出したら、緑やピンクの成分を取り除き、黄色い成分のみを葉の上に盛る
3.完成

レッシーピ↑レッシーピ↑レッシーピ↑レッシーピ↑レッシーピ↑

※1 団員A:くすりしのアビリティ所有
※2 文献:RPG攻略本
※3 葉:大葉 生鮮食品コーナーにて ¥79(10枚セット)
※4 薬味:ミックスカラースプレー 製菓材料コーナーにて ¥250(他2商品とセット) 

・・・まあ、カロテンや糖分は間違いなく補給できます。
でもこれをやるんだったら、教会に行く方がいいかもしれませんね。

~追記~
後日発覚!この組み合わせには意外なメリットが!

後で表示を見たところ、ミックスカラースプレーの賞味期限が買った時には既に切れていたという・・・
しかし大葉には抗菌作用、食あたり予防効果があるのでしたw

ツイートツイート

HTML convert time: 0.111 sec. Powered by WordPress ME