2009/2/18 水曜日

ドアを開けたら人の海だった

Filed under: きろく — g-band @ 19:34:00

はじめまして。去年の10月よりGAMEバンドに所属しているトロンボーンのたけぞうです。ブランク10年という長期休暇を経てGAMEバンドに入って、色々と策を練りながらほかのメンバーに追いつこうと日々奮闘しております。コンゴトモヨロシク……。

で、いきなりなんですが、2009年10月の第2回演奏会(通称2ndG)に向けて練習が本格化してきたし、この「かつどうきろく」も本格化させねば! ということで、2月8日に行なわれた練習についてなどを語ってみたいと思います。

1月にも練習が2回あったんですが、残念ながら私は諸事情があって参加できませんでした。たとえばインフルエンザとかインフルエンザとか。そのときの状況については、2つ前のcdsmの記事を参照してくださいませませ。

自宅で寝込んでいましたが、前回の練習で団員が増えたと聞いておりましたので、ウキウキしながら練習場に向かったアテクシ。

練習場のドアを開けて、目に飛び込んできたものはたくさんの人、椅子、足りなくなった譜面台でございました。なんと、見学の方が本日は6人も!!!

だが、ちょっと待ってほしい。今この状態ということは、団員全員が参加したら練習場に入れないのではないだろうか? まぁ、そういう事態になったら考えましょう。

実際の練習風景としては、
フルートが一列に並んで指揮者に無駄に威圧感を与えていたり、

「クラリネットの下の方のパート」

という入団して初めて聞けたセリフがあったりしてプチ感動しました。

そして、我がトロンボーンパートに至っては、全員参加の5人に加えて見学者1名ということで、なんと6人もの大所帯に。前述のcdsmの記事から言えば、残機が6ですよ。夢のトロンボーン2列編成です。これには木管全員が苦笑い。

もちろん、譜面にフォルテが書いてあろうものなら、パート全員の頭の上には「ガンガンいこうぜ」の文字が浮き出し、木管全員をゲンナリさせてみたりします。それにしてもこのTbパート、ノリノリである。

そんなトロンボーンパートですが、まだまだ戦士を募集中です! 一緒に最後列から「音の暴力」というものを体験してみませんか? 明るく楽しい職場です!(まだ増やす気か、という意見については、励ましの信(中国ではこう書く)として受け取っておきます)

でもまぁ、楽団として一応フォローをしておきますと、中衛として動ける赤魔導士のようなホルンの方が足りません。超募集中であります!

それにしても毎回思うんですが、Gバンドにおける練習が終わった後のご飯&飲みの席での「打ち上げ」感は異常なんですよ。こないだって新年会とかじゃなかったよね?

ツイートツイート

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントをどうぞ

HTML convert time: 0.290 sec. Powered by WordPress ME